男性保育士 採用されるために

保育士さんといえば女性をイメージするものですが、近年では保育士を目指す男性も増えてきています。


子供に関わる仕事は女性の仕事というのが未だに抜け切っていないのが現状ではありますが、子供と遊ぶことは体力勝負なところもあるので男性を重宝する保育園や幼稚園も存在しています。
女性優位で採用されることが多いとは言われていますが、それは個人のスキルや能力で補うことが出来ます。


保育士として採用されるためにまず必要なのが保育士資格でしょう。

大阪府の保育士情報サイトはこちら情報を参考にしましょう。

女性であれば子育て経験があれば保育園で資格無しでもパートタイムといった形で働くことも出来ますが、男性の場合子供と接する時間は女性より短く、子供をもっている父親だとしても優遇されるわけではありません。



採用される基準に保育に関する知識と資格をもっていることが最低ラインとされます。


では他には何が必要かということになりますが、絵を描くことが得意、ピアノや楽器を演奏することが得意など保育の授業で使えるスキルがあると良いでしょう。


バスの運転が出来るというのであれば、より重宝されます。



体力に自信があるというのもアピールポイントになります。子供と遊ぶのは追いかけっこだけではなく、肩車やおんぶ、抱っこなどそれなりに力が無いと出来ないことも要求されるものです。女性だと難しい肩車をして欲しがる子供の要求にこたえられる男性を欲しがる保育園もあるので、体力に自信があり、力もあるというのであればそこをアピールポイントとしても良いでしょう。