保育士という資格で復職採用について

保育士は国家資格ですが、幼稚園教師の資格とは違い、資格を取得した後、講習を受けたり、更新したりする必要がありません。

そのために出産や子育てなどのために一旦現場から離れたとしても、退職後更新手続きをしていない幼稚園教師と比べると、比較的復職しやすいと言われています。

子どもが減少していると言われはいますが、夫婦共働きを臨む世帯が増えているため、保育士は必要とされており、子育ての経験は保育園でも大いに役立つために、積極的に採用に動いている保育園も少なくないのです。採用にあたっては、フルタイムの正規社員としてばかりではなく、パートでの採用も多く見られます。


子育て中のママさん保育士にとっては、早く仕事を切り上げて子どもの世話ができるので、パート採用を臨んでいる方も大勢います。

福岡の保育士求人の情報をご案内しているサイトです。

保育園としても、一人でも多くの保育士を必要としていたり、給料の面でも安く抑えることができることから、パートでも歓迎しているところが多いです。

こうして両者のニーズがうまく折り合うことで、スムーズに復職していくことができるでしょう。


職場選びに関しては、待遇には差がありますので、しっかり比較検討する必要があります。また、待遇以上に重要なのは職場の雰囲気や人間関係です。

福岡県の保育士情報サイトはこちらの詳細は専用ホームページで紹介しています。

可能ならば一度見学にいって、職員たちがどのように仕事をしているのか見てみるのが良いでしょう。



園長の考えや、人柄などが大きく影響しているので、園長ともよく話をしてみることが大切です。